制震テープについてのQ&A
下記に無いご質問は電話かメールでお問い合わせください

ミューソレーター医療・研究機関用

質問一覧

質問 耐震、免震、制震とはどういうものでしょうか?

回答 耐震とは、金物、ボルト、筋交い構造用合板などを使って強度で地震に対抗します。
免震とは、建物の下に免震層を介在させることで、自身の揺れから免れます。
制震とは、耐震そのものの性能を維持させるために、地震のエネルギー(揺れ)を吸収して、熱に変換し揺れを抑えます。

質問 「制震テープ」ってどんなものですか?

回答 もともとビル用の制振装置に使用されていた粘弾性体を、防災科学技術研究所、東京大学、清水建設の3者共同開発でテープ状に加工したものです。 耐久性、エネルギー吸収性能に優れ、大地震時の損傷を大幅に抑えられる住宅用制震システムです。

質問 なぜ「超」制震住宅なのですか?

回答 他社の制振住宅は、1階のみに2~12か所部分的に配置しているだけですが、制震テープは住宅の構造体に大量の制震テープを挟み込むことで、家全体で地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れ幅を大幅に低減することができます。だから、「超」制震住宅なのです。

質問 超制震住宅とほかの制震住宅の違いは?

回答
1. 地震による変形を壁紙が破れないくたい小さな層間変形に抑えられます。
2. エネルギー吸収材(粘弾性体)を多量に使うため、地震エネルギーを熱エネルギーに変換する能力が格段に高い。
3. 一般的な制震装置は、揺れを熱エネルギーとして吸収する素材(吸収材)と、そこへ揺れを集める仕組み(伝達材)で構成されいますが、制震テープはすべてが吸収材ですので、ムダがなく、合理的な制震システムです。

質問 制震テープの配置箇所はどのようにして決めていますか?

回答 ビルダー様、工務店様とお打合せ後、弊社にてお見積書作成時に、制震テープの配置個所を指定させていただいております。

質問 どんな工法でも施工できますか?

回答 面材と下地材との間にテープを張るだけですので、在来工法(大壁、真壁)、2×4など、ほとんどの木造住宅に使用できます。

質問 性能、揺れの低減率はどれくらいですか?

回答 防災科学技術研究所で実施した、制震テープのあり、なしの振動実験で、最大、揺れ幅を80%低減させることを確認しました。

質問 他社の制震は1階にしか部材を取り付けません。 しかし、「超」制震住宅は2階、3階にも制震テープを配置します。 これは無駄ではないですか?

回答 住宅の地震のシミュレーションを行うと、1階にだけ制振装置を設置した場合、大地震の際かえって2階以上の部分が大きな揺れを受けることが明らかになっています。

質問 両面テープなんて弱そうですが、大丈夫ですか?

回答 通常のテープとは成分から全く違うもので、挟んだテープがずれ、地震のエネルギーを吸収する方法により強靭な力を発揮します。 またテープには平均的に力が作用するので、なかなか破れません。建物全体が粘り強く体質改善され、全く異なる構造体として生まれ変わります。

質問 何回も地震が続いたら、性能は低下しますか?

回答 余震が何十回続いても、制震テープは新築時の粘り強さを保ち、振動エネルギーを熱エネルギーに変えて、揺れ幅を抑えます。

質問 地震後の補修、点検は必要ですか?

回答 これまでの大地震(兵庫県南部地震、新潟県中越地震など)程度以下なら、壁紙も破れないほどですので、点検の必要はありません。ただし、万一の、壁紙が破れるほどの巨大地震に遭われた後は、外壁や内壁が柱から外れて浮いていないかどうか調べてください。

質問 制震テープの耐久性は?

回答 一般に、劣化する要因は紫外線、酸化、熱と3つあります。制震テープは軸材と面材の間に挟まれていますので、紫外線にさらされることもなく、空気にも触れることもないため、紫外線劣化、酸化劣化は無視できるレベルです。熱劣化については、アレニウス法による促進実験で110年以上の耐久性があることを確認しています。

質問 超制震住宅のシックハウス問題は?

回答 材料となる制震テープには、厚生労働省より指定されているシックハウスの原因物質は一切含まれておりません。

質問 制震テープで、筋交いや体力壁を減らせますか?

回答 建築基準法には制震性能を評価する仕組みがないため、基準法に則った新築の構造設計からは計算外となります。そのため、筋交いや耐力壁を減らすことができません。 ただし、(一財)建築防災協会の評価を取得しておりますので、耐震改修の設計においては、筋交いや耐力壁を減らすことができます。

質問 リフォーム時に使用することで、助成金などは受けられますか?

回答 制震テープは、(一財)日本建築防災協会の技術評価を取得していますので、各地方自治体が設けている耐震補強工事助成金を受けることができます。

質問 公的認定はありますか?

回答
2013年8月 (一財)日本建築センター 減衰補助部材認定取得
2007年7月 (一財)日本建築防災協会 住宅等防災技術評価取得
2007年7月  特許庁 特許取得

質問 制震効果以外のメリットは?

回答 制震テープは、地震対策以外に、交通振動による揺れの低減、隣の部屋との遮音性、気密性の向上が確認されています。

質問 制震テープの実際の施工は誰が行いますか?

回答 工事を担当していただいている大工様に取り付けをしていただきます。

質問 制震テープの大工手間はどれくらいですか?

回答 制震テープの大工手間は床面積10坪あたり1人工+αで見ていただいております。+αというのは、大工の慣れ具合い等もございますので、やり始めのころは2人工位をプラスで見た方が良いと思います。

質問 施工時に、テープの厚みを考慮する必要はありますか?

回答 厚みは1mmなので、外周部外壁の場合は不陸1mm分の段差は仕上げで気になりませんが、気になると判断されるビルダー様は不陸調整されます。内部間仕切の場合は不陸調整しないと、段差が内装仕上げに影響しますので、不陸調整が必要です。

質問 一度貼り損ねたテープを剥がして貼り直した場合、強度はどれくらい低下しますか?

回答 貼り損ねたテープを使用することは難しいですし、いったん外すと何らかの粉塵(石膏ボードの粉、のこくず等)が付着するので、使用できません。

質問 石膏ボード1枚に制震テープを貼ると、約2.5枚分の強度が出るものの、テープは(強度の計算が難しいため)建築基準法の構造設計からは計算外と見なされる。よって、筋交いや耐力壁を減らすことはできないということですか?

回答 そのとおりです。

質問 各自治体の耐震補強工事助成金は受けられますか?

回答 制震テープは、耐震改修(補強)の設計では、(財)日本建築防災協会の技術評価を取得しているため、筋交いや耐力壁を減らすことができ、各自治体の耐震補強工事助成金も受けられます。しかし、協会の都合上、1級・2級・構造建築士の有資格者で本耐震補強法の講習会を受講していただき、受講証明がないと助成金の申請はできませんのでご注意ください。その際はご相談ください。
施工手順よくある質問を見る 動画を見る パンフレットを
ダウンロードする

お問い合わせ

03-5289-0066

【受付時間 9:00-18:00】


メールでお問い合わせ

【受付時間 24時間受付】