免震と制震と耐震 木造住宅の地震対策は大きく分けて3種類です

免震と制震と耐震

免震と制震と耐震

免震住宅

免震住宅の説明図
住宅の免震工法は、ベアリングや積層ゴムを建物の下に設置し、免震層を介在させることによって、地面の揺れから免れます。つまり住宅は宙に浮いた状態で、地面だけが勝手に動くという、地震対策としては理想的な工法です。 しかし、小地震や台風などでも免震装置が動いたり、建物の廻りを空けておく必要があったり、建物自体に設置するには条件に制約があります。
弊社では、医療機関や美術館など、室内の免震装置【ミューソレーター】を製品化しております。
免震工法のメリット
●地面の揺れが建物に伝わらないため、建物の損傷・家具の転倒などを最小限に抑えることが可能です。
●建物がほとんど変形しないため、本来の耐震性を維持します。

制震住宅

制震住宅の説明図
制震工法とは、エネルギー吸収体を住宅に配置することで建物の揺れ幅を抑える工法で、超高層ビルや橋にも採用されている、最新の揺れ防止技術です。
耐震工法と組み合わせることにより、安全性を高めることが可能となります。
弊社では、家をまるごとダンパーにしてしまう【制震テープ】と、世界で初めて金属流動を採用した次世代型の木造住宅用制震ダンパー【ミューダム】を製品化しております。
制震工法のメリット
●エネルギー吸収することにより、建物の変形を抑えます。
●変形を抑えることにより、建物のダメージを低減します。
●ダメージを低減することで、本来の耐震性を維持します。
●免震工法と比較した場合、低コストでの採用が可能のため、一般住宅向けです。
●建物がほとんど変形しないため、本来の耐震性を維持します。
地震エネルギーを熱エネルギーに変換

耐震住宅

耐震住宅の説明図
耐震工法とは、筋交いや面材によって強度を高めて、地震の力に耐える方法です。
建築基準法で定められている建物の強さ(耐震等級1レベル)では、1923年の関東大震災クラスの地震に耐えられるよう決められています。
しかし、1995年の兵庫県南部地震では、想定を大きく超える地震波(818gal)が観測され、より強い強度が必要となりました。これがきっかけで作られたのが、耐震等級2と、耐震等級3です。耐震等級3では、建築基準法想定の1.5倍の地震に耐える強度を有しております。

耐震と、免震と制震

建物そのものの形を保持するための工法が耐震です。そして、その保持能力をさらに強化させる工法が免震と制震です。 近年の地震対策は、耐震にプラスして免震か制震を取り入れることが多くなっています。

どうして耐震だけではダメなのでしょうか?

 柱・梁と面材を金物で固定することによって強度を高めて、揺れに「耐える」耐震ですが…

 金物固定は地震を受ける度にどんどん緩んでいきます。さらに全体のバランスが取れていなければ、弱いところにどんどん緩みが集中し、全体損傷の引き金になってしまいます。

お問い合わせ

03-5289-0066

【受付時間 9:00-18:00】


メールでお問い合わせ

【受付時間 24時間受付】